ももろん's台湾生活Ⅱ

台湾在住アラサー主婦による生活感強めのブログ

派遣登録で堂々とアピールできる中国語レベルとは?

こんにちは。

日本に本帰国するまでは専業主婦として過ごすももろんです。その後は未定です。働きたい気持ちはあるけれど職歴空白の期間を得て社会生活に順応できるか不安もあります。

夫に帯同する形で出国する前は派遣会社に登録をしていました。先日派遣会社より「現在のお仕事状況をお知らせください」とメールが届いたので、久しぶりに会員ページにアクセスして登録状況をメンテナンスしました。※最後の仕事が終わった後「長期海外滞在予定のため、この先◯年は働けません。」と担当者に伝えてはいます。

そこで気になったのは資格とスキル欄。今マイペースに中国語を学んでいるのですが、どのレベルまでいったら堂々とアピールできるのだろう…?

私の登録している派遣会社で具体的に挙げられている資格・スキルをまとめてみました。

f:id:t-momoron:20190511165437j:image

資格

  • HSK4級
  • HSK5級
  • HSK6級
  • 中国語能力検定2級
  • 中国語能力検定準1級
  • 中国語能力検定1級

日本でもメジャーな資格がピックアップされています。残念ながらTOCFL(華語文能力測験)の項目は無いですね。

台湾中国語検定 華語検定(TOCFL)公式サイト【台湾政府認定資格】

↑のホームページにTOCFLと他の中国語能力検定とのレベルの相関表が載っています。

TOCFLでアピールするなら最低でも進階級(B1)かな??

 

スキル

  • 電話取り次ぎ
  • 日常会話
  • ビジネス会話
  • ネイティブレベル

テストがあるわけではないので自己申告ですね。資格よりレベル判定が難しそう。

 

各検定の級は想像より上のレベルでした。やはり 派遣=即戦力 かな。 個人的には新卒の就活で履歴書に資格やスキルを書くより緊張します…。実力に自信があるときはしっかりアピール!そうでなければ話のタネ(面談で趣味の話が出るかもしれない)に取っておこうと思います。